1分さえ立っていることが出来なかった。4か月も苦しんだ痛みが、たった一回の施術で3日後に80%回復した!

yoshimi.T様(東京都港区南麻布:会社役員 女性 65歳)
<初回の施術から3か月後のインタビュー>

初回予約時の症状は?

10年前に腰を傷め、その時は椎間板ヘルニアの診断を受けました。
当初は臀部・ふくらはぎの痛みでしたが、次第に臀部だけの痛みとなり座っているのが一番楽で薬を服用すれば痛みが緩和されておりましたが・・・

昨年8月中旬再び腰を傷め整形外科クリニックを受診し、問診の時に座っているのが一番楽なこと、尾てい骨の横の痛み・臀部の痛み・ふくらはぎの痛み・痺れ・歩行困難を伝えました。
MRIを撮り、椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症と診断されました。薬(リリカ・ロキソニン・オパルモン)・ブロック注射をしていましたが全く効かず、さらに副作用があり独断で中止し、理学療法士によるリハビリだけ毎日通っていました。

クリニックではなかなか改善しないこともあり色々調べている内に、私の症状は立ったり、歩いたり、寝返りしたりするのが困難なので、椎間板ヘルニアというよりは脊柱管狭窄症か仙腸関節の痛みではないかと思い始めました。

あとは手術しかないと、何も改善策を見出してくれないクリニックをあきらめ、整体や接骨院、マッサージに通いましたが3か月以上たった今も全く改善されず、どんどん憔悴しています。
説明不足かもしれませんが、よろしくお願い致します。

AKS療法を受けようと思ったきっかけは?

そんな状態が続いて3か月以上ですが、何とか自分に合った治療はないかとネット上で検索を続けた結果、山内先生のホームページに辿り着きました。
特別な根拠はなかったのですが、何かご縁を感じました。
息子が、麻布まで連れて行ってくれると言ったので、先生の施術を最後の治療にしようと思いました。

私の初回施術を受けた感想は?

正直、『これだけ?』と思いました。こんな数分の優しい刺激で治るのかなと正直疑いました。しかし先生の眼はすごく自身に満ち溢れているし、息子が『先生の言う通り、関節の動きが身体に馴染んでくるのを2週間待ってみよう』というので従いました。

初回の施術後、痛みはどうなりましたか?

はい。
その日は、なんとなく身体がだるいかなぁ~という感じで、半ばあきらめモードでした。
しかし、次の日、1分以上立てる!『なんかよいかも?』となって2日目もさらに良い感じで。
そして3日目は、脚立を持って家中を歩き回っている私を見て、主人と息子が「お母さん大丈夫なの?」って驚いていました。気づけば8割方痛みが取れていました。
先生の言う通り、関節への施術が徐々に身体に馴染んでいくのをホント実感できました。
人間の身体はすごいですね!先生、疑ってごめんなさいね!

治療後3か月が経っていますが現在の状態はいかがですか?

はい、すごく調子良いです。
友達との付き合いも再開でき、この間は主人と2日連続でゴルフラウンドに行ってこれました。
何かあったらこうやって、3か月に一回くらい山内先生に診てもらえるので本当に安心です。
(彼女の脊柱管狭窄症の治療は終了していますが、3か月に1度ほど気になる症状をチェックしています)

最後に私の治療の感想を聞かせてください

山内先生は、私の痛みが起こった経緯を本当に熱心に聞いて下さり、本当にありがたかったです。整形外科の先生は、私の身体に指一本触れずに診察して手術を薦めてきましたからね。
特に私の痛みの原因がMRI画像にもある狭窄症によるものではないと証明してくれたことに本当に感謝です。
手術しないで痛みが改善して本当に良かったです!

Yoshimi.T様の施術経過について

彼女の症状は、

  • 歩き始めから痛い
  • 立つと痛い
  • そしてなにより、寝返り出来ないほどの痛み

このような症状の場合、
第12肋椎関節(腰椎と肋骨の繋がり)のAKS療法Ⓡを施すと80%以上の確率で改善方向に向かいます。

辛かった痛みが改善して、ご家族が安心して過ごすことが出来、本当に良かったです。
インタビューにお答えいただき本当にありがとうございました。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です